湯乃里まとばからのお知らせ

2016年5月11日

当施設に併設されておりました居宅介護支援事業所の『ケアプランセンター湯乃里まとば』ですが、

この度、5月9日より事業所の移転を行っております。

それに伴いまして、事業所の名称も変更となりました!

    『ケアプランセンター湯乃里まとば』

            

     『ケアサポート伸和(しんわ)』  となります!!

 

CIMG6063

 

ご自宅での介護や生活にお悩みや不安を抱えられている方、または介護認定等の手続きで

お困りの方などがいらっしゃいましたら、いつでもお気軽にご相談下さい♪

専門のスタッフがお待ちしております。

 

 

●ケアサポート伸和(しんわ)

 

CIMG6065                                                                                                                   階段を上がって2階になります♪

             お気軽にどうぞ!!

住所:福岡市南区横手1丁目13-13 アップルビル201号室 (アップル薬局2階)

TEL:092-586-7766  FAX:092-586-7660

 

2015年11月17日

11月12日に韓国の介護施設で働かれている職員の方々が、当施設のご見学にいらっしゃいました。

前回はタイからのお客様におこし頂きましたが、今回は韓国の介護施設職員の皆様が

いっらしゃいました。

DSCN0507 DSCN0519

 

タイからのお客様がいらした時にも感じた事ですが、やはり高齢者福祉制度は国によって

大きく異なっているんだなぁと実感しました。

韓国の介護施設職員の皆様も日本の高齢者施設に対する興味を持って頂いたようで、

数多くのご質問を頂きました。

逆に韓国における介護の状況を教えて頂き、非常に参考となる点も多くありました。

なかでも韓国でのボランティア活動に対する積極的な取り組みについては、

私たち日本人も是非お手本にするべきだと感じました。勉強になります!(*^。^*)

DSCN0509  DSCN0514 DSCN0516 DSCN0517

様々な国の方々との情報共有を図り、お互いの良い部分を取り入れていくことで

これからもより質の高いサービスを皆様にお届けすることを目指していきます!!

2015年9月23日

9月20日、タイ保健省の方々が当施設の見学に来られました。

日本の高齢者施設を視察するという事で今回のお話しを頂いたのですが、何と見学に来られる人数が

13名の大所帯です (*_*;

施設見学のご依頼については、これまでも何度かお受けした事はありましたが、外国からのお客様は

今回が初めての経験でした。

CIMG3396 CIMG3400CIMG3376CIMG3377

まずは、会議室にて施設の概要説明と質疑応答を行いました。

当施設がどのような施設かという説明を行っていましたが、タイの皆様方は非常に積極的で

多くのご質問を頂きました。

医療制度や高齢者福祉においても日本とタイでは非常に異なり、介護老人保健施設という施設の仕組みや

社会の中で果たしている機能・役割を説明すると、興味深く聞いて頂けたようです(*^_^*)

個人的にタイの高齢者福祉について調べてみましたが、現在のタイの高齢化率や平均寿命は日本の30年前

と一致するそうです。しかし、高齢化の進行速度は日本以上であり、来たるべき高齢社会の到来に向けて

高齢者施設の整備や制度の構築などが急務の課題となっているようです。

CIMG3373 CIMG3372

施設内の見学やリハビリ機器の体験を行って頂いた際にも、説明に対して熱心に耳を傾けられ積極的に質問

をされていたのが印象的でした。

CIMG3382 CIMG3380 CIMG3389 CIMG3392 CIMG3394

皆様が常に明るく笑顔で話している姿を拝見すると、タイが「微笑みの国」と呼ばれている理由を

実感しました (*^。^*)♪

タイの方々の明るさは自分だけではなく人を明るくしてくれますし、私たちも見習っていきたいと思います!!

そして、いつかは是非タイを訪れてみたいですね。

2015年8月19日

8月17日に九州中央病院より「摂食嚥下チーム」の皆様がまとばへ見学に来られました!

九州中央病院では、今年の5月より摂食嚥下や栄養に問題がある方々の窓口となる外来部門として

<<摂食嚥下・NST外来>>を開設されています。

超高齢化社会を迎えた中で地域社会にて充実した医療を実践し、支援病院としての役割を担うことを

目指しており、退院された患者様の生活状況や生活上の問題点などを把握することを目的として、

各施設の見学を行っているそうです。

今回、チームのメンバーは医師の竹迫先生と歯科医師の金城先生をはじめ、言語聴覚士、管理栄養士

の方々がいらっしゃいました。

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

実際に現場を見学される前には情報交換をさせて頂く時間を設けることができ、当施設の言語聴覚士や

管理栄養士からもたくさんの質問をさせて頂きました。

日頃から疑問に思っていることを急性期のドクターに直接お聞きする機会は中々ないので、今回の見学

は当施設のスタッフにとっても非常に有意義な物だったと思います(*^_^*)

『口から物を食べられる』ということは単に栄養状態の維持・改善だけではなく、その方における生活や人生

そのものを充実していく上で非常に重要となるものです。

私たち医療・介護従事者は、地域における病院・施設・各事業所やご家族が一体となった取り組みにより

『地域ケア』の更なる充実と発展を目指しています。

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 ちなみに当日のメニューは「とろろそば、てんぷら、おにぎり」デス ♪

 

 

*これに関連して九州中央病院さんが中心となり、包括的ケアの実践を目的とした「SMILE ネットワーク」

という地域連携の会を立ち上げられています。

10月2日(金)の19:00より第2回目の開催を予定しているそうですので、ご興味を持たれた方は

お問い合わせのうえ参加されてみてはいかがでしょうか?

まとばからも是非参加させて頂きたいと思います♪

2015年8月1日

聖和会ケアグループでは、今年度よりリハビリ機器の導入に力を入れてきました。湯乃里まとばにも新たな
リハビリ機器を導入しています。これを機に、当施設のリハビリ機器を他のグループ施設入居者の皆様にも
ご利用して頂く取り組みを開始しました。

CIMG2846

現在、湯乃里まとばにはオーベル野多目の入居者様が来所され、空いている時間にアルターGやデジタル
ミラー、パワーリハビリを使用して頂いております。
皆様、普段は利用していない機器の使用に興味津々なご様子です♪

CIMG2849 CIMG2850 CIMG2851 CIMG2848 CIMG2852

最初は慣れない機器を使ってのリハビリに緊張している方もいらっしゃいますが、リハビリが終了する頃には
すっかり慣れてくるようですよ(^_^)v
お帰りの際には適度な疲労感と心地良さもあり、大変満足されて「また来たい」とのご要望も多いです!

CIMG2847

実際にご利用できいる方はまだ少数ですが、できる限り多くの方々にご利用して頂くことでグループ全体で
リハビリサービスの質が上がり、皆様の生活が活力あるものとなるようサポートができればと思います!!

2015年7月28日

先日ホンダ福岡ビルにて、本田技研工業株式会社(HONDA)が開発した歩行訓練機器の「Honda歩行アシスト」の説明会に参加させて頂きました。

 



img_rhythm08_s

 

この「Honda歩行アシスト」についてですが、HONDAが開発した2足歩行ロボットのASIMOの研究過程において、派生した技術を活用して誕生したそうです。ロボットの2足歩行技術はとても難しい技術だそうですが、ロボット技術を他の分野にも活用できる点は素晴らしいですね。

 

photo4

 

まず大きな特徴の一つとしては、非常に軽量だという点です。これまでも歩行援助用ロボットは各社が開発を行ってきましたが、モーターやバッテリー非常に重たくなるという問題がありました。
しかし、今回の「Honda歩行アシスト」は、なんと重量が2.8kgという大幅な軽量化を実現しています。
実際に装着してみた感想としては、歩行時に重さを感じることは殆どありませんでした。
これなら実際の訓練においても、負担なく使用することができそうですね。
1999年より研究・開発を行ってきたそうですが、開発当初は32kgもあったそうです(^_^;)
それから15年をかけ、ここまでの軽量化を実現するのは本当に大変だったと思います(*_*;

 

CIMG2750
CIMG2746
CIMG2744
CIMG2745

 

「Honda歩行アシスト」は、京都大学大学院医学研究科 博士である大畑光司氏の協力を得て開発を進められたそうです。ASIMOでも採用していた「倒立振子モデル」という2足歩行理論に則った歩行援助機能が搭載されています。
実際に使用した感覚としては無理に動作を強制されるという訳ではなく、「脚を振り出す際、僅かにアシストしてくれている」といった感じでしょうか。
しかし、機器を外した後に歩行を実施すると、その効果が実感できます。(歩くと脚が重たく感じます)
実際にこの機器を使用した方で、歩行が大きく改善した方の紹介もありました。

 

ダウンロード

 



こちらの機器については、着脱も短時間で簡単に行えるようになっています。バッテリーの充電時間など、検討すべき点はありますが、このようなリハビリテーション機器の発展は利用者の皆様にとって有益な点も数多くありますので、今後もロボットリハビリ分野には注目し勉強していきたいと思います!!


Honda.no.59

2015年7月22日

今回はまとばのご近所にあるデイサービスで開催されていた、チンドン歌謡ショーを観に行って
来ました!こちらのデイサービスさんは、もとはチンドン屋さんの会社がデイサービスを立ち上げて
運営をされているそうです。
毎月1回の特別解放日には、無料で誰でも観覧できるチンドン歌謡ショーを開催しているそうで、
まとばからも入所の利用者様とスタッフが参加させて頂きました。

CIMG2356 CIMG2358

懐かしの歌謡曲の連続で、ご利用者様もスタッフも大満足でした。本職の方々のようにはいきませんが、
私たちも利用者の皆様に楽しんで頂ける企画を随時行っていきたいと思います。
ちなみに当施設では、7月23日13:30より『夏祭り』を開催予定です。
ご家族様もぜひ遊びにいらして頂ければと思います。

2015年7月15日

H27年 7月13日の15:00より、今年度第2回目のグループ合同新入職者オリエンテーション
開催しました!今回の参加人数も前回同様に30人程度での開催となりました。内容に関しては、
前回の研修と変わりないので割愛させて頂きます。

この研修は3ヶ月に1回の頻度で開催しているのですが、前回の研修から3ヶ月で本当に多くのスタッフが
入職しているんだなぁと改めて感じました(*^^)v  今回の参加者は30人でしたが、実際にはもっと多くの
職員が入職しており、会場の関係で人数調整が必要となりました。

これからも数多くのスタッフが入職してくれると思いますが、私達は各施設の利用者様に対して知識・技術
はもとより、本当に真心のこもったサービス提供を行う事ができるスタッフを育成していきたいと思います。
今回、新入職でオリエンテーションに参加した職員にも、これから多くのことを学んで欲しいと思います。

 

当グループでは、私たちと一緒に働くスタッフを随時募集しています。職種を問わず、熱い気持ち高い志
を持ったスタッフを私たちは必要としているので、未経験でも興味のある方は是非一度見学に来て頂ければ
と思います(*^_^*)♬

2015年3月2日

私たち聖和会ケアグループでは、

本日3月2日よりHPにて、2016年度新卒採用の情報が公開となります。
介護老人保健施設湯乃里まとばで働いて頂ける方大募集しています!!

スタッフ募集よりは下記サイトにて受付中です!
*エントリーフォームアドレス: http://ober.co.jp/re/recruit/

point
聖和会ケアグループでは、福岡市内11ヶ所で老人ホーム、病院を運営しております。

突然ですが皆様は「2025年問題」という言葉を耳にしたことはありますか?

4人に1人が75歳以上の後期高齢者となり、日本は急速な高齢者社会が到来します。

いつかは誰にでも来る老い。

年齢を重ねれば疾病のリスクも高くなり、介護が必要となります。

私達は住み慣れた地域や住まいで自立した生活を送ることができるよう、医療・福祉サービスの確保を行い、弊社理念である

「あなたの大切な人を大切にします」

をモットーに、日々努めております。

しかし、今後の時代として福祉・医療従事者は、今以上に必要不可欠な人材となって参ります。

もちろん弊社も同様です。

そこでお願いがあります!

皆さんのお力をお貸し頂けませんか?

私達と一緒に「地域を支える」「共に支え合う」気持ちを胸に働いていける方を大募集中です!

熱い想い、聴かせて下さい!全力でバックアップさせて頂きます!

新卒情報を見てご不明な点等や

見学してみたいな‥

会社の雰囲気ってどんななんだろう

などなど、どんな些細な事でもお気軽にご連絡ください。

(TEL:092-718-2001 人事宛まで)

今後も新卒採用情報(会社説明会等)につきましては、随時公開していきます。

たくさんのご応募お待ちしております。

みなさんに会える日を楽しみにしております(^^)/

2014年12月28日

来年2015年1月より「反重力トレッドミル AlterG(アルター・ジー)」を導入予定です。
特許取得済みのNASAの技術で、

元々は、NASAの宇宙飛行士の訓練用として設計されたみたいです。

どんなマシンかというと、
なんと、空気の圧力を使って足にかかる負担を少なくするマシンです。

例えば体重が70kgの方だと足にかかる負担は14kgまで減らすことができるそうです。

体重による足への衝撃が少ないトレーニングや有酸素運動の活用など
例えば、

・ヒザなどの関節に不安を抱える場合のトレーニング
・体重管理および減量
・高齢者へのトレーニング

ph01
空気圧を利用しているため、水の抵抗がかかるプールでのトレーニングなどと異なり、正常な走行や歩行の力学を維持しながら運動できるそうです!

よくプールで歩く浮力をつかった水中ウォーキングをしたりします。
それよりも動きを大切にしながら負荷をかけてトレーニングをしていくという感じなのでしょうか・・
とにかく、実際使って見た方がコメントし易いですね!

また、AlterG(アルター・ジー)を導入次第お知らせします。
年明け早々楽しみです。