2019年9月

2019年9月20日

みなさんこんにちは、湯乃里まとばです!

今回「いびき」について書かせていただきます。

最近では『いびき』で病院受診される方が増えているそうです。周りの方やパートナーに指摘されて受診される方もいれば、いびきの背景にある病気に目が向けられるようになったことも、受診者が増えた一因ではないかと言われています。

いびきには①「単純性いびき」と②「睡眠時無呼吸を伴ういびき」の2種類があります。

 
①単純性いびき ②睡眠時無呼吸を伴ういびき
普段はいびきをかかないがお酒や疲れた時に限りかくいびき 睡眠時に常にいびきをかいており、他人に指摘されるほどです。放置しておくと悪化し、様々な重病を合併し、日常生活にも影響

②は睡眠時無呼吸症候群とも言われ、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

医学的には、10秒間の気流停止の無呼吸が、一晩に30回以上、1時間に5回以上起こる症状です。

症状
 
睡眠時 起床時 日中
  • いびきをかく
  • 寝ている間に呼吸が止まる
  • 息苦しさを感じる
  • 口が渇く
  • ズキズキした頭痛
  • 熟睡感がない
  • 強い眠気がある
  • 疲労感、倦怠感がある
  • 集中力が続かない

 

合併症

●高血圧症(健常の人と比べると約2倍)

 
睡眠時に無呼吸になる 体内の酸素が少なくなる 脳が危険だと判断する 危険を回避するために活動開始 血圧が上昇する。

●脳卒中(健常の人と比べると約4倍)

 
睡眠中の脳の血流量が健常の人の半分
血液がドロドロ
脳梗塞のリスクが高くなる…!

 

予防

●適正体重の維持
肥満にならない為に運動や食事など規則正しい生活を行うことです。
●生活習慣の見直し
アルコールや喫煙は上気道に悪影響になります。就寝前の飲酒は控えた方が良いです。
●呼吸の見直し
口で呼吸すると鼻で呼吸した時よりも咽頭が狭くなります。
できるだけ鼻で呼吸ができるように心掛けます。

「いびき」のことで注意されたり、日中疲労感や眠気を感じた場合は、セルフチェックもあるようなので一度お試しください!