個別リハビリテーション
  理学療法とは、「運動」や「物理的手段(温熱など)」を用いて、体に障害のある方を対象に行います。治療の主な目的として①関節の動きをよくする②筋力を強化する③痛みを和らげるといったことを通じて、日常生活に必要な座る、立つ、歩くなどの基本動作を、出来るだけ自分で行なえるように援助していきます。


パワーリハビリテーション 
 作業活動(日常生活の諸動作・仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動のこと)を通じて、どうすればその人らしく地域社会で生活していくことができるか考え、生活の回復を目指します。
作業療法では「作業活動」を通して、どうすればその人らしく生活していくことができるかを考え、指導・援助を行います。 「作業活動」とは、日常生活の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般にかかわる諸活動です。


物理療法
 コミュニケーションや食べることに障害を持つ方の言語面・嚥下面への機能の獲得・回復・維持を支援し、家族や周囲の方々への助言や指導を行います。



入所リハビリテーション 通所リハビリテーション


経験豊富なスタッフによる運動療法・作業療法・言語療法

contents_border_ft.png